耳鳴りの治し方 薬編。病院で処方される薬はどんなもの?

耳鳴りの治し方

ダウンロード (27)
実は私も耳鳴りに悩んだ時期があったんですよ~。ですから、私は耳鳴りがしたら、すぐに病院へ行くことを強くお勧めします!!それは、私自身の経験に基づく意見です。早期に行けば100%ではありませんが、効果の期待ができる薬があるからです。初期は薬の幅が広いと感じましたね~。主な薬についてご紹介しますね。

耳鳴りを治したい!初期での病院での処方薬

images (40)
初期で処方されるお薬はだいたいこの種類です。プレドニン(ステロイド)と聞くと拒絶反応を示す方もいるかも知れませんが、ごく少量を3日~5日服用するだけなんです。症状により服用ではなく点耳するタイプのものが処方されることがあります。

◇副腎皮質ホルモン薬(プレドニン)
◇ビタミンB12

ビタミンについてはコチラにも記事を書いています。
ゼヒ参考にしてみてくださいね~。
↓↓↓
耳鳴りの治し方 ビタミンを摂ると、耳鳴りは良くなる?ビタミン療法

耳鳴りを治そう!中期以降の処方薬

images (41)
原因にもよりますが、大まかには下記のような処方になります。これらは血液循環の改善や代謝を良くする目的で処方されます。

◇血流改善薬、血管拡張剤
◇ビタミン、ミネラル剤
◇代謝改善薬

◇漢方薬
漢方についてはまだ研究段階であり、症状により効果がありそうな場合に処方されます。

◇筋弛緩剤
頸部の筋肉の緊張亢進、頭痛、肩こりを伴う場合に処方されます。

◇抗うつ剤、抗不安薬
ストレス性の耳鳴りの場合に処方されます。耳鳴りによりストレスを感じる場合にも処方されます。この他、症状により抗けいれん剤、カルシウム剤、マグネシウム剤などが処方されます。

耳鳴りを治したい!安心材料のお薬

images (42)
耳鳴りの原因を突き止めるのって実は大変なんですよね。薬が効かないということも良くあります。耳鳴りの原因は耳の中で起きていることもありますが、ストレスなど精神的な面で起こることもあるんですよ~。そのような意味でも早めに受診をして、安心材料となるお薬を処方してもらってくださいね。

耳鳴りを改善したい!お薬をもらうために

ダウンロード (28)
初期と中期分けましたが、初期とは耳鳴り発生から一か月以内です。私が治療を受けたのは発生からちょうど一か月目でした。その時はプレドニンにより回復しました。しかし数年後、また耳鳴りがして二日目でプレドニンでの治療を受けた時は効果がありませんでした。

この違いは何だと思いますか?おそらく1度目と2度目では耳鳴りの原因が異なっていたのだと思います。早期治療では様々な薬の選択ができます。また、耳鳴りがどのような原因で起こるのか、要因がハッキリしないことの方が多いですから、早めに受診をしてお薬をもらいましょうね。

病院ではどんな治療法があるのか、こちらの記事も参考にしてください。
↓↓↓
耳鳴りの治し方 病院では、主にどんな治療法がされる?